変わらない価値をつくる

社長の想いはこちらから「家を建てるすべての人へ」≫

いつまでも価値が変わらない家づくり。
わたしたち、「ひさとも」の思い、それは「変わらない価値をつくる」ということ。流行やそのときの趣味趣向に流されて、数年後には陳腐化してしまったり、月日の流れのなかで劣化し、構造的にも見た目にも老朽化してしまうような家ではなく、手を掛けて暮らすことで、いつまでも深い愛着をもって住むことのできる家をつくりたいと願っています。

おいしい白いごはんのような家。
おいしい白いごはんのような家。

住まいはそのときの趣味趣向で建てて20?30年でつぶしてしまうものではなく、永く住み継いで使いこなすものだとわたしたちは考えています。そのために、シンプルだけれどもいつまでも飽きがこず、誰もが心地よいと思える住まいをつくりたいと思うのです。例えるなら、おいしい白いごはんのような住まい。当たり前に毎日食べて、それでいて食べるたびに「おいしい」と思える、そんなごはんのような住まいを目指しています。

心地よさを科学する ≫

心地よいソトをウチに取り込む

コンセプト01.心地よいソトをウチに取り込む。

ひさともの新しい家づくりでは、光や風、緑といった自然の心地よさをたくみに室内へ取り込み、春夏秋冬、四季の移ろいを感じながら暮らす喜びのある住まいを提案します。

 

 

 

 

日々の暮らしが愉しくなる家。 コンセプト02.日々の暮らしが愉しくなる家。

なにげない毎日の暮らしが愉しくなる…そんな住まいをこのショーホームでは提案しています。たとえば、家事動線。同時並行で家事をこなす奥様の負担を軽減するため、直線的に台所と水まわりを結んでいます。また季節や天候、その日の気分にあわせて、寛ぐことのできる居心地のよい居場所をそこかしこに設けています。